ときがわいやしろ地 Ⅱ


観光という言葉があります。

「光を観る」という文字の美しさにひかれて…小さな光を観る心…という副題をつけました。観光の語源は易経の「国の光を観る」からきているそうですが、このCDの中の曲はごく身近の、私も住んでいる西平の人たちの小さな光の雫を集めたものです。2007年製作。

西平の「寧々房」、「菜の花茶論」で販売しています。

音の雫―手回しオルゴール曲集

ときがわいやしろ地 Ⅱ

…小さな光を観る心…

 

都幾川のほとり、西平にゆれる「光の雫」たち

メロディーのみのCD  ¥1,600

 

紫陽花写真/徳永陽一