小さな宝物

 昨日の午後2時ごろ、うだるような暑さの中をバイクで出かける途中に見た光景にびっくり!  
こんな暑い日に、外に出る人は誰もいないだろうと思ったら、水出しコーヒーでおなじみ「ときがわの小物屋さん」 には、木陰で涼んだり、足水をしたりしながらコーヒー時間を楽しむ数人のお客さんがいました。田舎のあたりまえの自然を大切な宝物のようにすくいあげて教えてくれる、自称ときがわ大好き病の小物屋さん。こんなお店がすぐ近くにある幸せを感じます。

 

 人を癒してくれる自然…。時として人間にとって脅威となる自然…。この穏やかな川の流れを見ながら、私たちが川や山や木とどう関わっていくのかを改めて考えさせられました。

 

 

ときがわの小物屋さんHP

ときがわホースケアガーデンHPひだまり通信   物のこころ「モミジと手ぬぐい とき川の小物屋さんのお話

 お店を始めてから十年の月日が流れました。ときがわを訪れる人のために大切にコーヒーをいれる毎日の中で、ある日、おじさんは森が呼んでいるような気がして振り返りました。耳を澄ますと、風にのって森がささやく物語が聞こえてきました…