きゅうり草

 この花は胡瓜草(きゅうりぐさ)というそうです。忘れな草に似た、直径1.5㎜ほどの小さな小さな花で、本当に気をつけて見ないとわからないので、ただの雑草にしか見えません。よくある植物なのに私もまったく知りませんでしたが、ときがわホースケアガーデンで紹介してもらった友人から教わりました。

 

 そして彼女はきゅうり草の歌を歌ってくれました。三年ほど前のある日、心の中に浮かんできた曲だそうです。

  

  「小さなともだち」

小さな誰も知らない花だけど

青い  青い空の色

風にゆれて ゆられて空を

そっと  そっと見ている

 

ほんの ほんの小さな夢だけど

淡い光につつまれ

生きる喜び 歌いながら

そっと  そっと咲いてる

                       (詞と曲/みき) 

 

 

 


 私がフェルト人形の作り方を教えていただいたのも、みきさんです。ほのぼのとかわいい動物たちの人形で、時々行う「フェルト人形を作ろう-ワークショップ」の際には、見本用にみきさんが作った人形をお借りしていますが子供達に大人気です。 

(フェルトを扱うお店の方から教わったり、本を見て作ったものだそうです。)