オルゴールの聞ける オーガニックカフェ  ぽっぽの木


★比企郡ときがわ町。命を育む食べ物を大切にしている、有機農家が経営するオーガニック カフェです。営業日は木、金、土、日。  

☆ 2003年に都幾川木建(ときがわもっけん)で玄関とデッキの増築をさせていただきました。その際に作った看板です。オーナーご夫妻(森実真弓さん、本尾亮さん)に書いていただいた文字を彫っています。

☆玄関灯のステンドグラス(上写真2枚)も、お二人にガラスを並べてデザインしていただき、3枚目のガラスのデザインと全体の仕上げはアトリエ〈あゆす〉が担当しました。

 

 

☆玄関の破風に取り付けた木彫の人形(下写真)は、左二つが「ポーポーの木の妖精」、右の虹色の髪の人形は「七色モチのもっちゃん」です。

 

写真をクリックすると拡大します。画面上をもう一度クリックすると、更に拡大します。

2003年当時の写真(ポストカード)です。

 ★玄関の増築工事期間中にぽっぽの木の歌、「ぽっぽの木って何だろな」 も生まれました。オーナーの真弓さんの思いが歌詞になっていきました。

 

真弓さんに、手回しオルゴールとともに歌ってもらいました。

(詞、歌/森実真弓+高橋 . 曲/高橋れい子)

ダウンロード
左の♪♪をクリックすると曲の一部を聴くことができます
「ぽっぽの木って何だろな」1番.おまけ番.mp3
MP3 オーディオファイル 783.3 KB

  おまけ番(真弓作)。

  ぽっぽのおまけは何だろな 泣き顔かえるおまじない

    ほっぺにやさしく口づけを 可愛いあなたにポポチュセヨ

 


 この写真はポーポーの実のアイスクリームとチャイ。他にも手作りのケーキがあります。余裕のある時には手回しオルゴールを聞かせてくれます。

 楽しいおもちゃやたくさんの絵本も置いてあり、外ではブランコなどで遊ぶこともできます。


「命の水」

 本尾亮さんが書いた「命の水」という物語を読んで、H23年にアトリエ〈あゆす〉で手作りの小さな冊子にし、その朗読会をやっていただいたこともありました。

 

 農作業の合間に生まれてくる本尾さんの詩や物語は、生き物に対するあたたかい眼差しをもっていて、命の川の遥かな流れと不思議を感じさせてくれます。
 お店で販売もしていますので関心のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお手にとってみてください。 



こちらのブログもご覧ください。 

ぽっぽの木の歌-木彫レリーフ 2018.12.23